催眠療法」タグアーカイブ

自動書記体験談(原因不明のえぐられたような痛みへの対策)

● 自動書記体験談(原因不明のえぐられたような痛みへの対策)

こんにちは、若林です。

今日は自動書記で、お客さんの問題を解決するシンボルを描いてもらう催眠療法を行いました。

自動書記で描かれたシンボルで自己ヒーリングして頂いた後、感想をいただいきました。

一週間ほど前から、突然顔の左側が痛くなりました。

でも、表面上は腫れてもいないし、何ともないように見えるのですが、痛みは断続的に強くなり、しまいにはじっとしていても痛い状態でした。

顔の痛みから始まって、首や肩や肋骨の辺りまで痛くなってきました。

私はよく、他の人から依存されたり、あの人がこうしてくれたらいいのに、という過剰な期待で体が痛むことがあるのですが、今回は人数と念の数が多すぎて対処できずに困っていました。

そこで、若林先生に相談すると、せっかくヒーリングを習っているので、今の私の力で対応できる方法を開発させてあげようと言って頂きました。

それで先生の誘導により、私が目を閉じた状態でペンを持ち自動的にペンを持った手が動きだし、私に必要な図形を編み出すという自動書記をさせてもらいました。

出来上がった図形を自分の痛い箇所に当てたところ、今まで痛かったところの痛みがすうっと引いてきました。

更に、この図形は人間関係や色んな種類の因縁や体の悪いところに使えるという事をうかがい、その通りやってみたところ、だいぶ心も軽くなってきました。

私の家族にもこの図形でヒーリングしてみたところ、体が軽くなったといわれたので、新しい特効薬を頂いたという感じです。

この方法でしばらく自分や家族のヒーリングを頑張っていきたいと思います。

今日はありがとうございました。

 

自動書記は、お客さんの潜在意識の中から問題解決のシンボルを得る方法ですが、シンボルの効果を実感していただいて、私もうれしいです。

若林気功教育研究所の講座メニュー | 施術メニュー | お客様の声
お問合せ&ご予約:06-6636-8827
営業時間:10:00~19:00定休日:不定休
アクセス
【受講生と女性専用】【1日5名様限定】 【完全予約制】

ヒーリングと催眠療法の体験談(幼少期からのトラウマ)

●  ヒーリングと催眠療法の体験談(幼少期からのトラウマ)

こんにちは、若林です。

今日は去年の9月に施術を受けに遠方からこられた方から、施術の体験談をいただきました。

若林先生 9月に施術を受けました■■です。

悩みは幼少期からのトラウマと生きづらさです。

人間関係においては、人に心を開けずまた自信の無さからずっと自分を責めては落ち込んでの繰り返し。

これまでにも他で波動調整、レイキ、催眠療法、潜在意識のブロック解除など 様々なヒーリングを多数受けてきましたが目立っての効果は無し。

半ばあきらめにも近い思いで思い切って申し込みをしました。

希望した治療メニューは気功と催眠でしたが それだけにとどまらずEFTや過去生からくるマイナスの記憶などを浄化していただきました。

また自分の中に長い間ため込んでしまった負の記憶や思考を 先生の気功エネルギーの元でできる限り掃き出し軽くしていただきました。

ちょうど転職したばかりで不安いっぱいでしたが仕事にも慣れ、これまでなかなか感じることのなかった自分への信頼感を少しづつですが持てるようになりました。

また先生からアドバイスもいただき、悩んだ時に思い出しては実践するようにしています。

ここで変われるチャンスをいただいたので、これからも意識して自己変革をしていきたいと思います。

ありがとうございました。 ■■■■

 

自分への信頼感も持てるようになってきたと聞いて、私もうれしいです。

若林気功教育研究所の講座メニュー | 施術メニュー | お客様の声
お問合せ&ご予約:06-6636-8827
営業時間:10:00~19:00定休日:不定休
アクセス
【受講生と女性専用】【1日5名様限定】 【完全予約制】