カテゴリー別アーカイブ: ブログ

加齢黄斑変性症のチェック

● 加齢黄斑変性症のチェック

こんにちは、若林です。

昨日、チョイスという番組で加齢性黄斑変性症のことについて説明されていました。

加齢性黄斑変性症は、加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気です。

加齢性黄斑変性症は、欧米では成人の失明原因の第1位で珍しくない病気ですが、日本でも人口の高齢化と食べ物の欧米化により、失明原因の第4位になっています。

50歳以上の人の約1%に見られ、高齢になるほど多く見られる病気です。

加齢性黄斑変性症の症状:

・見る時、中心部が歪んで見えます。周辺部は正しく見えます。

・見る時、真ん中が見えなくなり(中心暗点)、視力が低下します。

・症状が進むと、色がわからなくなります。

 

昨日の番組では、加齢性黄斑変性症のチェックの方法として、アムスラー検査が紹介されていました。

アムスラー検査の方法:

碁盤の目のような(方眼紙のような)図を見てもらい、格子のゆがみを調べる検査です。

検査は片目ずつ行い、閉じている方の目は手で覆い隠し、チェックする側の目は、中心の点を見るように行います。

・全ての線がまっすぐに見えているかどうか?

・マス目のかけている部分は無いかどうか?

・線が波打ったり歪んだりしている部分はないかどうか?

 

上記のような症状があると眼科で検査するか、ヒーリングの施術を早めに受けた方がいいです。

毎日、目のヒーリングをしていれば、悪くなるのを避けれますので、目は毎日ヒーリングすることをお勧めします。

若林気功教育研究所の講座メニュー | 施術メニュー | お客様の声
お問合せ&ご予約:06-6636-8827
営業時間:10:00~19:00定休日:不定休
アクセス
【受講生と女性専用】【1日5名様限定】 【完全予約制】

お勧めの本(ピラティス)

● お勧めの本(ピラティス)

こんにちは、若林です。

今日は、自宅で簡単にできるピラティスの本をご紹介します。

 

DVDが付いているので、それを見ながら練習すると、簡単にできると思います。

私もピラティスの練習は毎日していますが、練習した後は、体がとてもぽかぽかして楽になります。

体の表面に見える表層筋をアウターマッスルといい、体の外から見えない深層筋のことをインナーマッスルといいますが、インナーマッスルを鍛えると、体重も減り、姿勢も良くなります。

ピラティスはお腹を引き締める効果も期待出来るので、お腹を引き締めたいと思っている人にはお勧めです。

テレビのコマーシャルの合間でも練習できるので、ぜひ日々の生活のすきま時間に練習してください。

私のところの受講生の方は、ピラティスをやっているとき、体の中の気の流れがわかると思います。

気の流れを感じながら練習すると、ピラティスの効果もアップします。

気は意識したところに流れやすくなるので、ぜひ気の流れを感じながら練習してください。

そうすればピラティスの効果もアップすると思います。

できそうなことは、すぐに始めましょう!それが健康維持改善につながります。

若林気功教育研究所の講座メニュー | 施術メニュー | お客様の声
お問合せ&ご予約:06-6636-8827
営業時間:10:00~19:00定休日:不定休
アクセス
【受講生と女性専用】【1日5名様限定】 【完全予約制】