気とは

気は、簡単に言うとエネルギーです。

中国で氣(チ)、ハワイではマナ、ヒンズー教徒ではプラナ、キリ
スト教徒では精霊とか光、生命エネルギーとかいろいろな言い方
をします。

私たちは、

やる気がある、やる気がない、
元気がある、元気がない、
気力がある、気力がない、
気がめいる、根気がない、
病気、邪気とか

いろいろな言葉で氣という言葉が使われています。

私たちは氣が不足すると体や意欲がうまく働かなくなります。

病気は気の病とかきますが、体の中の気の流れがうまく流れ
なくなり、邪気がたまると、気の病となって病気になります。

つまり、気をうまく取り入れて、気の流れをうまくコントロ
ールできるようになると、心も体も元気にすることが可能です。

よくある質問で、気功で治してもらったら、その後、ずうっと、
元気でいられるかという質問があります。

気を取り入れて、気の流れをいつもうまく流れるようにしてい
ない場合は、健康を維持できるわけありません。

自分で、積極的に気を取り入れて、体の中の気の流れをよくし
て、心や体の状態を維持改善したいという意欲のある人を対象
に、当研究所は気功の教育をしています。

当研究所では、自分を治せるのは、根本的には自分だと考えて
います。それ故、自分で積極的に治そうと行動される人で当研
究所で学ばれる人にだけサポートを提供します。

そして、当研究所はある程度、健康な状態の人のさらなる健康
維持改善のお手伝いを第一目的と考えています。

2 thoughts on “気とは

  1. 気功教室

    気功は熟練の先生に習って、その通り練習を続けていくと、気のパワーがだんだん大きくなっていきます。いろいろな種類の気のエネルギーを使えるようになります。

    気功を自己流で行ったり、経験の乏しい指導者に習うと、偏差という症状を起こす場合があります。偏差(へんさ)とは気功を行うことによって生じる身体不調、精神的不安定などの副作用 のことをいいます。正しい 指導者について気功を行うことが一番の防止方法です。

    返信
  2. 気功教室

    当研究所では、気功の練習を次のステップで高めていきます。
    1。浄化呼吸法:宇宙エネルギーをつながり、身体の気の流れをよくする呼吸法
    2。言霊を使って気を出します
    3。言霊とシンボルを使って気を流します
    4。常時気ながれる身体を作ります
    5。7つのチャクラを活性化し、気を取り入れたり、出したりする力を強めます
    6。チャネリング能力開発セミナー
    7。瞑想:自分の中の潜在能力を高め、目標達成能力を高めます

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA