気功と脳波

● 気功と脳波

こんにちは若林です。

本日は、「気功と脳波」についてお話します。

脳はいろいろな波動を出しています。脳波とは、脳の神経細胞から出る弱い周期性の電流のことです。

人間の脳波は、少なくともアルファ派、ベータ派、シータ派、デルタ派の4つの状態に分けられます。

脳波の速さは、Hz(ヘルツ)、振動数(秒)であらわされます。

脳波は大脳新波質の神経細部が出す電気的変化を記録したものです。
1秒間に何回振動したかという振動数によって分けられます。



δ デルタ波  0.5〜4Hz

顕在意識が働いていない状態で、深い眠りについている状態、または、無意識の状態です。



θ シータ波    4〜7Hz

まどろみ波と言われアルファー波よりも更にリラックス.深い瞑想状態やまどろみの状態で、記憶と学習に適している脳波の状態です。うとうと・ぼんやりした・まどろみの状態です。

α アルファ波  7〜14Hz

リラックス波と呼ばれリラックスしている時に出る脳波です。アルファ波の状態は、活発に精神活動をしていながらも、脈拍数が遅くなり、呼吸数も減っています。

頭脳労働のような精神活動をする場合には、リラックスして、アルファ波を多く出すことが、能力を最大限に発揮するために必要です。

気功や瞑想をすると、アルファ派状態になり、ひらめき力、問題解決力、集中力を発揮するのに最適な脳の状態を作ることができます。



β ベータ波  14〜30Hz

別名ストレス波と呼ばれ、我々が日常生活をしている時の脳波です。もっとも脳波が早い状態で、通常、日常生活をしている時は、脳波がこのベータ波の状態になります。

心配したり、パニック状態にあったり、批判したり、また、警戒したり、注意深く考えたりなどは、この状態です。

脳波が早いわけですから、やや緊張した状態から興奮した状態までといえるでしょう。

筋肉系を活発に動かすホルモンが出ているときに、脳波はベータ波になります。つまり、肩こり・首筋のこりなど筋肉が緊張しているとベータ波が出やすくなります。

ベータ波の時は、脈拍も速く、呼吸数も増え、活性酸素も増えるので、健康の為によくありません。



γ ガンマ波   30〜64Hz 

もっとも速い脳波でイライラした時や興奮している状態

脳波がゼロになると、脳死を意味します。

脳波が7.5Hzの時、人間にとって最も良い状態です。この波動の時、体は元気で自然治癒力も高く、記憶力も高い状態で、直感力も高まっている状態になると言われています。

気功やヒーリングや瞑想をしている時、脳波は7.5Hzから8Hzになります。

つまり、気功やヒーリングや瞑想をすると、体は元気で自然治癒力も高く、記憶力も高い状態で、直感力も高まります。

次回は、「気功で心と身体を癒す方法」についてお話します。

気功講座メニュー | 若林気功教育研究所の施術メニュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA